teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL


「兵士ジヴルーズの謎」読了

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 6月23日(水)21時55分41秒
返信・引用
  > No.10940[元記事へ]

 元ツイート


 
 

    

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 6月22日(火)20時51分10秒
返信・引用
   

 先日言った寺内節を、遥かに精細に解説してくれています。
 それにしても寺内さんも誤嚥性肺炎だったのか。


 

Re: SFオムニバスドラマ「消える」

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 6月20日(日)21時01分43秒
返信・引用
   尾川さん

 お久しぶりです。
 またまた珍しいものをお見せいただき、ありがとうございます。
 しかしこういうのって、どうやって見つけられるのか、本当に不思議ですねえ。古書店の目録に出るんでしょうか。やっぱり、「つながり」長年のお付き合いで情報が伝わってくるのでしょうかねえ@@;

 

Re: SFオムニバスドラマ「消える」

 投稿者:尾川健  投稿日:2021年 6月20日(日)19時01分2秒
返信・引用
  ご無沙汰しております。

「消える」ですが、その後、台本の画像を発掘したので載せておきます。
 

寺内タケシさん逝去

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 6月20日(日)12時42分52秒
返信・引用 編集済
  元ツイート

 小学6年生のとき、テレビ(たぶん高橋圭三司会の「今週のヒット速報」)で「レッツゴー運命」の演奏を目の当たりにして、速弾きの気持ちよさを初めて知りました。
 それが結局、私の中で連綿と続いて、ジャズまでつながっているような気がしますね。
 この人は多分いらちでしょう。速弾きはその必然的帰結で、それとともに、音出しも常に先走る(装飾音的に。三連符多用のその第一音とか)。
 初期は加山雄三のバックも担当していて、加山雄三はメロディメーカーとして大変非凡ですが、どうもリズム感はいまひとつで、たとえば「夜空の星」のようなアップテンポ曲では歌いだしがほんの僅かですが遅れます(加山の声が重いせいもあるかもしれません)。一方寺内タケシはひと掻き早く始まるので、より加山が遅れて感じられて、いまだに違和感があります(加齢でかなり音感が緩んできているのですけどね)。もちろん寺内がバックでなかったら気が付かないような誤差です。
 世界で通用するギタリストだったと思います。まあパイオニアの必然的悲哀なのかもしれません。合掌。

 


 

Re: SFオムニバスドラマ「消える」

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 6月19日(土)21時34分16秒
返信・引用
  > No.10941[元記事へ]

 チルトンさま

 ご教示ありがとうございました!
「通夜旅行」に就きましては、リンクして頂きました書き込みのすぐあとで、かんべむさしさんご本人が、「それは私です」と書き込んでくださいました\(^o^)/

 またムトウさんからは、「全体の構成脚色は「ウルトラマン」の「故郷は地球」などで有名な佐々木守氏」との情報を頂きました。この書き込みが、ムトウさんの当板初登場だったんですね。

 さらに尾川健さんからは、放送が3パターンあったことを教えていただきました。この情報はお調べのお役に立つかもしれません。
 いずれにしましても、ご来信ありがとうございました!


 

Re: SFオムニバスドラマ「消える」

 投稿者:チルトン  投稿日:2021年 6月19日(土)11時26分59秒
返信・引用
  > No.4330[元記事へ]

小松左京の出演ラジオを検索していてこの掲示板にたどり着きました。

SFオムニバスドラマ「消える」ですが、関東では土曜の午後にFM東京で放送していました。
途中をつなぐショートドラマは無く「霧が晴れたとき」「母子像」「通夜旅行」の3話だったと記憶しています。
「通夜旅行」の原作者はかんべむさしですね。徳間文庫「宇宙の坊ちゃん」に収録されています。
 

「兵士ジヴルーズの謎」に着手

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 6月18日(金)21時02分59秒
返信・引用
   Kindleで、ロニー兄『兵士ジヴルーズの謎――二つの愛と変容(全訳版)』に着手。第7章まで読みました。30%。
 マルヌ会戦さなか、野戦病院から戦場に戻る途中の担架兵は、茂みで倒れていた負傷兵を発見。その直後もうひとりの担架兵がそのすぐ近くで別の負傷兵を発見。なんとこの二人の負傷兵は全く瓜二つだった。そして奇怪なことには、二人の所持していた軍人手帳も同じ内容だった! 野戦病院でさらに驚愕の事実が発覚。ふたりとも体重は35キロ台と極端に少なく、その見かけの体格に見合うべき体重の半分しかなかった。ところが軍人手帳には、体重は70キロと記入されていた!?
 いや面白い。この謎、いかに解かれるのか? 自然科学現象として? それとも超越的現象すなわち奇跡として?
 そして北仏海岸(おそらくブルターニュ半島)断崖荒野のサナトリウムまで登場し、愈々私好みの展開に!
 副題の意味は大体見当がついてきました。

 

Re: 「眉村卓の異世界通信」刊行のお知らせ

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 6月17日(木)20時31分31秒
返信・引用
  > No.10938[元記事へ]

 斎藤さん

 ありがとうございます。斉藤さんもたいへん興味深いお話をお書きくださり、感謝です(^^)
「遊歩人」>そういえば、そんな雑誌ありましたねえ。たしか森下一仁さんが手伝っておられたのではないでしょうか、創刊されたころの号を何冊か持っていました(と記憶しているのですが、電子出版でしたっけ?)。
 眉村さんも寄稿なさっていたのですね。私も読んでみました。「凄いなあ」は、自分(リアル)との比較において出てくるものというのは、たしかにそのとおりですね。眉村さんは、スペオペをあまり評価していなかったという記憶があるのですが、その態度となんとなく関係がありそうな気がしました。(※ここだけの話ですが、スクリーンショットで画像に取り込み、あとでOCRにかければいいような。もちろん良い子はそんなことをしてはいけませんよ>おい)\(^o^)/


 

Re: 「眉村卓の異世界通信」刊行のお知らせ

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 6月17日(木)08時13分10秒
返信・引用
  > No.10937[元記事へ]

眉村さんを偲ぶ文集の完成、お疲れまさまでした。
早速アマゾンで目次を拝見しました。
とても充実の内容、そして収録の分量に圧倒されます。
発売日が待ち遠しいです。
ついでに、アマゾンで眉村さんの検索をかけましたら、次の雑誌のKindle版が出てきました。
「遊歩人 2003年7月号: 特集・夏が来た!」
この雑誌に眉村さんの「「凄いなあ」について」というエッセイが掲載されていました。
遊歩人という雑誌自体、書店で見たような気もし、ネットで紙媒体を探してみましたが、残念ながら見つけることは出来ませんでした。
でも、アマゾンの「試し読み」機能で、眉村さんのこのエッセイは全文を読むことが出来ました。
紙に残せないのが残念です。
以上ご報告でした。
 

「眉村卓の異世界通信」刊行のお知らせ

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 6月16日(水)23時34分39秒
返信・引用
   当掲示板を日常的にご覧のみなさまには、びっくりするようなニュースではありませんが(>おい(^^;)、眉村さんをしのぶ文集、『眉村卓の異世界通信』(にタイトル決まりました)、告知解禁となりAmazonにも反映されましたので、当掲示板でも宣伝させて頂きます\(^o^)/

 ジャーーーン!!!!

 
 Amazonの販売ページはこちら
 QRコード→

 発売日は6月30日ですが、Amazonで購入予約可能となっています。
 何卒、よろしくお願いしますm(_ _)m

 あ、そうそう。当文集にお原稿を賜りましたみなさまには、一冊お送りしますので(月末までにはお届けできると思います)、早まって注文されませんように。いや注文していただいてもいいのですが(>どっちや)、それ以上に、お知り合いの方にどんどん宣伝していただけますと大変ありがたいです。伏してお願い申し上げます(^^;
 なお、寄稿者のみなさまには、寄稿者特権で特装版をお送りいたします。特装版は表紙カバー付きです。
 Amazonで販売されます一般頒布分には、表紙カバーは付きませんのであしからずm(_ _)m
 稿料もよう出しませんのに、ご寄稿下さいましたのですから、これくらいのことはさせて頂かなければ\(^o^)/

 もちろんカバーありなしに関わらず、内容は同一です。ご予約をお考えの方はどうぞご安心ください!
 もくじはAmazonページにあります。ご参考まで。
 本書の目玉は、何といいましても、未刊行短篇と連載エッセイを収録できたことです。これは素直に誇りたいと思います。
 どうぞお買い上げ下さって、素晴らしいSF小説と興味深い連載エッセイをご堪能いただけましたら、これにまさる喜びはありません。
 よろしくお願いいたします!!


 

    

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 6月16日(水)20時19分50秒
返信・引用
   元ツイート

 

電脳惑星シリーズ

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 6月16日(水)19時58分34秒
返信・引用
   承前。昨日すこし言及しましたが、ジグソーハウスさんの本、届きました。

 

 これで電脳惑星シリーズ完集。と言っても翻訳4巻の話で、未訳巻があるらしいんですけどね。

 

私は弥生人

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 6月15日(火)21時24分37秒
返信・引用 編集済
   Kiss FMをたまたま聴いていましたら、アカシアオルケスタのヴォーカル藤原岬さんが、もっと早くやっておけばよかったことのダントツベストワンとして、PayPayを挙げておられました。
 なんか胡散臭い、信用のおけない感じがあったのだが、使ってみたらこれほど便利なものはない。もっと早く使い始めるべきだったと。
 私も最近使い始めて、たしかに簡単で便利だと気がついた一人なのですが、やはりそれ以前は胡散臭さがありました。
 どうもPayPayという名称が、引っかかっていた最大の原因のような気がします。ちょっと中国っぽいんですよね響きが(>おい)。
 実際はソフトバンクとヤフーが作った会社なんですが、つい最近まで私も、中国の会社だと、調べもせずになんとなくそう認識していました。
 中国に対して偏見はありませんが、スパムメールを観察していますと、たしかにbaiduという文字列が含まれているのが多い。
 10億も人口があれば、悪い事をするやつもそれ相応にいるのは統計的にいうまでもありません。それと「中国」という徴表を融即してしまうほうが間違っているのですが、21世紀になっても人間の基本的構造に未開人が棲んでいるのも事実。レヴィ・ストロースの言う通り(^^;。
 とはいえ、おしなべて言えば、中国人民はニッポンの国民よりも政府を信用していないのは間違いありません。勝手なことをしたがる傾向があり、そこは羊のようなニッポン国民とはだいぶ違うわけで、中国の人民押さえ込みの手法が激烈なのはそのせいもあります。
 先日、ゆうちょが手数料を取るようになったので、PayPayの使用も視野に入れていると書きました。
 実はその直後(つい数日前)に、ゆうちょでも、ネットでの出入金は無料であることを知ったのでした。たまたま古書店(ジグソーハウスですが)に本を注文し、通常なら取り置きしてもらっておき、大阪に出るときに立ち寄り引き取るのですが、コロナ下でもあり、郵送してもらうことにしたことでその事実が発覚。
 ゆうちょ有料化後も、私はかなり利用していて、手数料合計千円ではきかないと思います。ああもっと早く知っていたら……藤原岬さんの嘆きも分かろうというものではありませんか。
 という次第で、さっそくゆうちょダイレクトに登録。ところがすぐには利用できない。なぜか24時間経たなければ有効とならない。
 本日夕方、その24時間が過ぎ、無事、ジグソーハウスさんに、手数料無料で、支払いを済ますことが出来ました。やた。
 この爽快感、何なんでしょうねえ。お上には一銭でも払いたくないこの心理。もしかしたら縄文末期、揚子江から列島に渡ってき、日本に弥生文化をもたらした弥生人は、主に近畿地方に定住したのですが、そのDNAのなせるワザなのかもしれませんなあ\(^o^)/

 

    

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 6月13日(日)22時26分5秒
返信・引用 編集済
  「われわれ委託する側からしても、疑問に感じざるを得ない。広告代理店と契約するより、実際に運営する業者と直で契約したい……」(組織委現役職員)

 元ツイート

 

    

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 6月13日(日)17時06分31秒
返信・引用
   元記事

 

    

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 6月12日(土)20時00分22秒
返信・引用
  元記事

 朝青龍が、バカにして全然いうことを聞かなかったのもうべなるかな。
 あ、これってプーチンとあべっちの関係みたい。
 「ゴールまで、ウラジーミル、二人の力で、駆けて、駆け、駆け抜けようではありませんか」を呆れて聞いていたプーチンが、こいつはバカだから、今のうちに北方領土をこっちのものにしてしまえ、と考え、実際獲ってしまったのも当然でしたね。

 

    

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 6月11日(金)22時56分36秒
返信・引用
   元ツイート
 元ツイート

 軍靴の響きが……


 

    

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 6月11日(金)00時09分36秒
返信・引用
   元ツイート

 まあ……ここはニッポン国ですからねえ\(^o^)/

 

Re: ワクチン予約

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 6月10日(木)19時59分53秒
返信・引用 編集済
  > No.10927[元記事へ]

 野波さん

 もはやニッポンは後進国ですから、は言いすぎか、先進国からこぼれ落ちてしまったんですから、夜郎自大井中蛙な自尊心ファンタジー(これネトウヨの本質)は捨てて、頭を下げて韓国や台湾の教えを乞いに、自ら出向いていくべきなんですよね。
 PayPayもアリババ傘下の決済サービス会社と提携して、あのサービスを実現したのですからねえ@@

 橋元淳一郎さんがいよいよネットビジネスを始めるようで(ここ)、集金システムはPayPayを考えておられるようですが、正解じゃないでしょうか?
 実は「チャチャヤングショートショートマガジン」も、従来、郵便振替を使っていまして、その理由は手数料がかからなかったからなんですが、ついに有料になってしまいましたよね。
 そこでPayPayを活用(併用)したほうが、購入者の負担にならないんじゃないかな(むしろ確実にラクになる)、と最近考えていました(ただしいまのところ手数料無料ですが、将来的にはかかってくるようです。そのときはそのとき、別の方法を模索します)。


 

ワクチン予約

 投稿者:野波恒夫  投稿日:2021年 6月10日(木)08時23分16秒
返信・引用
  しっかし、まあ……
WEB予約はデタラメじゃん。
大阪の大規模会場。国際会議場とインテックス大阪とでは、サイトも違えばシステムも違う。インテックスは登録後にメールでパスワードが届く(らしい)が、国際会議場は、自治体の番号さえ正しければ、券番号10桁は、未だに出鱈目を受け付ける(らしい)。
トップに「イタズラはしないでね」て表示されるが……ネット世界を舐めてんのか。ヘルスじゃねえんだぞ(※)。

 ともあれ。正しい券番号で予約は取りましたけどね。新大阪まで出れば、無料シャトルバスがある。これに乗って感染したら、シャレにもならない。けど、ロハだから乗ります。

※4コマ実話H漫画
勘違い客「俺を舐めるなよ!」
ヘルス嬢「そうは言われましても、舐めるのが仕事ですから(きっぱり)」

http://haruoni.seesaa.net/

 

    

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 6月 9日(水)01時00分38秒
返信・引用 編集済
 


 

Re: IT

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 6月 8日(火)21時18分43秒
返信・引用 編集済
  > No.10924[元記事へ]

 野波さん

 そんなハイレベルな話なんかじゃなくて、市役所の職員が、ITの扱いに関してはそのへんのおっさんおばはんと同レベルということなんですね。
 そのかわりといいますか、対面関係に於いては、とても親切で親身に対応してくれます。
 私は、役所は今のレベルでいいと思っています。今問題なのは、人を減らしすぎたことです。70年代みたいに、仕事がなくゴロゴロしている職員が市民の目に余るほどに戻せばいいんだと思います。
 京都市がサービスを縮小するというニュースが流れましたが(ここ)、読んでみるといいことをやっているじゃないですか。それで金が足りないというのは、要するに国が財源を握りしめて地方に回さないからにほかなりません。
 あべっち以来(小泉以来かな)わが国は国民自助国家を目指しているわけで、だったら国家にお金は不要ですよね。それを地方自治体に委譲すればよろしい。
 大体、国に金が余っているからあべっちが使い放題に散財していたわけで(外国への援助金も含めて。あ、プーチンにいっぱい金をあげて北方領土を持ってかれましたな)、その金を自治体の福祉政策費に回せば、なにも問題ないんですよね。
 しかしまあ、そんな自民党政府を支持する人が3割以上もいるニッポン国民が、どうしようもない国民ではあるわけですが。



 

IT

 投稿者:野波恒夫  投稿日:2021年 6月 8日(火)05時17分15秒
返信・引用
  今や、優秀なプログラマーとかコンテンツ制作者はゲーム業界に集中している?
そん次が金融関係?

わけわからん広告代理店とかじゃなく、NAMCOとかにWEB予約システムを発注すればよかったと思いますな。
あと、個人病院とかは「診察券をおもちの方」限定が多いですね。当然ともいえるけど、釈然としないとこもある。

注記:プログラマー
巨乳売春婦のことではない。

http://haruoni.seesaa.net/

 

接種予約顛末

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 6月 7日(月)21時29分28秒
返信・引用
   当市でも今日の朝9時からワクチン接種インターネット(と電話)での受け付けが始まり、私には93歳の老母がいますので、待機していて9時ジャストに当該サイト(市役所のサイトではない)に入った/入れたのですが、さあそこから画面が動かなくなった。
 いやまあ予想どおり。15分くらい様子見していて、埒があかんと、再読み込みしてみたところ、これが大失敗で、また後でお試しください画面に変わってしまいました。
 仕方がないので、1時間ほどして再トライしたところ、入れました。
 カレンダーから希望日をクリックするのですが、満杯。
 6月から7月、7月から8月と、どんどん希望日を繰り下げて行くのですが、全然ヒットしません。
 9月のカレンダーに移行したところ、9月5日(だったかな)以降は真っ白な画面になりました。で、最終日なのであろう9月5日をクリック。満杯。
 おいおい。と誰もが思いますわな。
 電話は当然のようにつながらないので、市役所に電話したら、担当課に回してもらえました。
 最終日の9月5日も満杯とは、一体どうなってんねん。と尋ねました。
「え、最終日は7月20日(だったかな)ですけど」
「カレンダー9月5日までになってるがな」
「確認します」
 と、電話の相手が当該サイトに入ろうとしているようですが、入れない。いやそのサイト自体にはサクサク入れるのに、ですよ。「あとで確認して電話いたします」
 けっきょく、ソフトが不備だったことが発覚。私が電話しなければいつ気づいたことやら。
 要するに業者丸投げで、なんのチェックもしていなかったんでしょう。
 役所には、コンピュータを使った業務はまだ無理なんです。これは全国的にいえることだと思われます。インターネットを丸投げする予算があるなら、電話応対サービスの会社と契約したほうが良かったんじゃないのかなあ。
「で、いつ摂取できますねん?」
「いま新しいスケジュールを作っていますので」
 一事が万事なんですねえ。
「接種をやっている個人病院に電話してもらえますか? だいぶ繋がりやすくなっているみたいです」
 ということで、教えてもらった医院に電話したら一発で繋がり、93歳だといいますと、それなら高齢者枠で今週末で予約できます。と言ってくれました。
 最終7月20日までインターネット予約は満杯なのに、です。
 わてホンマによう言わんわ。
 しかもしかも、付き添いで行く私まで、その日に摂取できることになりました。
 いやホンマによう言わんわ。ですが、断る理由もありませんからありがたく予約させていただいたしだい。
 これ、もし「ああ9月まで満杯か。諦めるかな」と電話しなかったら、どうなっていたことか。
 役所とは非合理の巣窟なんですなあ。今回はそのおかげで甘い汁を吸うことが出来たわけですが(ーー;


 

    

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 6月 7日(月)19時59分16秒
返信・引用
   元ツイート

 ニッポンの善男善女って、なんでこんなにオメデタイのですかねえ(ーー;

 

    

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 6月 6日(日)21時50分36秒
返信・引用
   元ツイート

 

「アイ・スパイ」読了

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 6月 5日(土)23時25分43秒
返信・引用 編集済
  ジョン・タイガー『アイ・スパイ』小倉多加志訳(ハヤカワ・ポケット・ミステリ、66)読了。

 わずか150ページのスパイ小説の、なんと長かったこと。いやまあ、10ページにわたる巻末解説(Nの署名なので長島良三か?)に、肝腎の本篇についての言及がたったの一言もないことで、推して知るべしでしょう\(^o^)/
 テレビドラマの方は大好きだったんですけどねえ。とはいっても、話の内容はほぼ覚えていません。そのかわりオープニングテーマ曲ははっきりと覚えていて、いまだにときおり脳内で鳴り出すくらい名曲でした。私の中では、探偵ストレンジのテーマ曲と双璧です。
 と、ここまで書いて、そうだYouTubeにあるかも、と検索したらありました! なんでもあるなYouTube(^^;

 
 

    

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 6月 5日(土)19時51分52秒
返信・引用
   元ツイート

 

    

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 6月 4日(金)00時23分10秒
返信・引用
   元ツイート

 

    

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 6月 2日(水)22時24分27秒
返信・引用
   元ツイート

 

日本初<神戸型>確認

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 6月 1日(火)20時14分26秒
返信・引用
   元ツイート

 

Re: ステージネーム

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 5月31日(月)12時48分55秒
返信・引用
  > No.10913[元記事へ]

 斎藤さん

 それらの名前、ぜんぜん分かりません\(^o^)/
 どんな連中だと検索したら、なんと全員英語版のWikipediaに項目が立てられていました。
 そこそこ有名な人達なんですね。わが不明を恥じるばかりm(_ _)m

 しかし俯瞰しますと、どうやらばくっとですが、身体に起因するニックネームを付けられ自らも称するのは、スタジオミュージシャン系ではなく、ステージミュージシャン系の人に多そうですね。ファンとの間の距離が近い人たちと言い換え可かも(あくまで思いつきの仮説)。
 スタジオ系とステージ系は分けられんか。アルバム制作主体系とステージパフォーマンス主体系でしょうか(^^;


 

Re: ステージネーム

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 5月31日(月)09時01分47秒
返信・引用
  こんにちは。
70年代以降でも、体格を名前にしたミュージシャンはまだまだ居ますよ。
アメリカンブルース・ロックの Hollywood Fats、Poppa Chubby、Little Charlie、フランス産パブ・ロックの Little Bob、アメリカバーバンドNRBQの Big Al Anderson、ロカビリーの Big Sandy などです。
パッと思い出すレベルで上げてみました。まだまだ居そうですね。
 

橋元淳一郎インタビュー

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 5月30日(日)22時30分33秒
返信・引用 編集済
   『Anima Solaris』最新号の著者インタビューに、橋元淳一郎さん登場(→こちら)。
 まだ読んでいませんが、『空間は実在するか』の解説みたいです。
 実は私、途中で止まってしまっています(^^;
 これを読んで、再挑戦しなければ\(^o^)/

 

    

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 5月30日(日)22時00分55秒
返信・引用
 

 

ステージネーム

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 5月29日(土)22時29分16秒
返信・引用 編集済
   50年代、60年代のアメリカのミュージシャンのステージネームって、ちょっと問題あるんじゃないか、と日本人である私は以前から思っていて、ショーティー・ロジャースでそのことを思い出しました。
 いうまでもなく、ショーティー・ロジャースってチビのロジャースという意味です。おそらくですが、ロジャースは音楽仲間からショーティーって呼ばれていたんでしょう。
 こういうの、多いんですよね。ファッツ・ナヴァロは、デブッチョ・ナヴァロ。
 えーと、このごろ人名が出てこなくて、ジャズメンに多いんですけど、にわかに浮かんできません。
 初期のロックンロールスターですと――
 レッツ・ツイスト・アゲインのチャビー・チェッカーのchubbyは、ぽっちゃり。リトル・リチャードは小男。同じくファッツ・ドミノ。ビッグ・ボッパーは大男だったんでしょうか。
 ……もっといるはずですが、出てこない。嗚呼。
 いずれにしても、日本ではこういうのは罵倒語もしくは本人の前では使わない陰湿なあだ名で、ステージネームに堂々と使う人はいませんよね。日本人は姑息で、アメリカ人は鷹揚ということでしょうか。うーん。(※さすがに70年代以降になりますと、そんなステージネームのミュージシャンはいません)

 話は飛びますが、王貞治選手は現役時代の初期、その性格を、中国の大人風と評されていましたよね。当時の日本人にとって中国人はそういうイメージだったんでしょう。現在の日本人の中国人観は全く様変わりしてしまっていますよね。


 

Re: 「父のこと」

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 5月28日(金)16時38分41秒
返信・引用 編集済
  > No.10908[元記事へ]

 堀さん

>ショーティ・ロジャースの「Martians Go Home」
 知りませんでした。調べたら代表作扱いですね。ブラウンのが54年発表で、早くも55年にはこの曲の入ったアルバムが発売されています。読んで気に入ってしまったんでしょうか。
 面白いのは、その翌年56年に「Martians Come Back」が!
 さらに「Martians Stay Home」という曲が、リリースは80年ですが、録音は前2者とほぼ同じ頃だそうで、ショーティ・ロジャースどんだけ火星人ゴーホーム好きやったんや!と(笑)
 それにしても「Martians Stay Home」って、今から見るとめちゃくちゃ皮肉なタイトルですね。たしかに火星人にすれば普通の地球でもコロナ以上ですからねえ(あ、火星人違いか)(^^ゞ
 存命だったら「Martians Lock Down」なんてのも発表されたかも(>おい)\(^o^)/


 

Re: 「父のこと」

 投稿者:堀 晃  投稿日:2021年 5月27日(木)23時32分7秒
返信・引用
  > No.10907[元記事へ]

この手の白眉はショーティ・ロジャースの「Martians Go Home」でしょうね。
日本になると難波弘之さんのがぞろぞろ。これは確信犯。
吉田隆一になると共犯です。
 

「父のこと」

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 5月27日(木)20時13分11秒
返信・引用 編集済
   元ツイート

 訳せば「父のこと」。でもその元ネタは、The Shape of Things to Come ですね。
 一方、元ネタはジャンルを飛び越えて拡がり――
 The Shape of Jazz to Come は、絶対ウエルズを踏まえていますよね、Science Fiction なんていうアルバムがあるくらいなんですから\(^o^)/

 

    

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 5月26日(水)22時42分57秒
返信・引用
 
 橋幸夫ロック四部作!(笑)

 

 

「日本書紀だけが教えるヤマト王権のはじまり」読了

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 5月24日(月)21時10分20秒
返信・引用 編集済
   伊藤雅文『日本書紀』だけが教えるヤマト王権のはじまり』(扶桑社新書、19)読了。

 いやー感無量。一冊の本を(摘み読みではなく)通読したのって、一体何か月ぶりでしょう(もしかしたら一年ぶりくらい?)。

 本書を読むきっかけは、著者が開設しているYouTubeチャンネルを視聴して大変興味をそそられたからです。
 日本書紀の記述が、作為的にヤマト王権の歴史を事実よりも古く遡らせていることは江戸時代からの常識です。神武天皇の即位が紀元前660年(縄文時代晩期)だったなんて、まじで信じているのは、三原「セクシーナイト」順子自民党参議院議員くらいでしょう。
 記紀の記述から事実を復元するのが、ある意味歴史学者の役目で、事実復元のためのいろんな方法論が提案されてきたわけです。
 そのなかにあって本編がユニークなのは、書紀の記述から「無事績年」を省いて再構成してみたことです。編年体である書紀から事績記載のない年を、とりあえず省いてみる。びっくりしました。こんなに短くなってしまうのか! 著者は、神武は架空で(欠史八代も。これはかなり正統な発想)、事実上の初代である崇神の前半生を超過去に移動させたものとし、崇神の即位をAD301年とします。
 実は同様の手法に、(プリミティブな農耕民族の観察から)「二倍年歴法」というのがあり、ある時代まで日本も二倍年歴だったという仮説なんですが、山本武夫という気象学者が、この手法で『日本書紀の新年代解読』(學生社、79)という本を出しています。自然科学者らしく数理的厳密な検証を行っていて、私はこの本にかなり影響を受けているのですが、山本が比定した崇神即位年も、なんとAD301年だったのです!
 細かい差異はありますが、崇神以降の歴代天皇の在位期間も、2つの方法論はほぼ同じ結論になっていて大変興味深い。
 無事績年削除と二倍年歴は、発想からして全く無関係な手法なんですが、結論は同じだったわけです。おそらく事実も、そのあたりなんだろうと思いました。
 可能なら是非読み比べてみてください。いやー面白かった\(^o^)/

 追記。もちろんそれが直ちに崇神天皇と今上天皇を一直線に結びつけるものではないことはいうまでもありません。豊田有恒だったか、邦光史郎だったか、古代史小説の一場面に、中国の使者が大和に向かう途中、当時の内陸に入り込んだ大阪湾を航行中に、南方に巨大な建造物を見出し、「あれは何か」と大和朝廷の接待係に尋ねるシーンがあります。係の者が「我々もよく知りません。すでに存在していたのです」と答えるのでしたが、もちろん「伝」仁徳陵で、それは河内王朝であって、大和朝廷とは関係なかったということが含意されていたシーンだったわけです。8世紀の奈良時代からすれば、倭の五王の時代なんて300年も昔ですから、実際そんな感じだったんでしょうね。書紀の編纂者は、そういう昔の王朝や豪族が残した記述を集め再構成して、万世一系という一本線の壮大な虚構を構築したのですね。

 

 

    

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 5月23日(日)20時02分58秒
返信・引用
   元記事

 

    

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 5月22日(土)23時06分20秒
返信・引用
   元ツイート

 おお、これって「共振」現象ですよね!
 昔、高校の物理の教師が、巨大なビルでも指一本で押して倒せる場合がある、と言っていて、これでSFが書けるな、と思った記憶があります(もちろん思っただけ)。
 ただ教師がいうには、それは、その時すべての振動が同じ方向に揃った場合の話で、そんなふうに揃う可能性は天文学的に低く、事実上ゼロだとのことでしたが、それが起きたのですね!
 さすが広大な中国。なんでも起こりうる。人口も10億ですから、新人類が生まれるとしたら、多分それは中国からでしょう。もう生まれていて、すでに中国政府を裏で操っているかも(>田中光ニかよ)\(^o^)/

 

 投稿者:野波恒夫  投稿日:2021年 5月21日(金)21時07分22秒
返信・引用
  別に全部読まなくても……

http://haruoni.seesaa.net/

 

Re: ↓エスカレーターの上では

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 5月21日(金)11時04分23秒
返信・引用
  > No.10900[元記事へ]

>手摺は踏み板と同速で動いていますけど
 ですから、エレベータの速度に系を合わせたら、手すりと、踏み板に乗っている(歩いていない)人はその場で停止しているわけです。4ヶ国語の文字が順番に並んでいるのを読むためには、人がバックしていかなければならんでしょ?
 それを客観系に戻せば、人はバックすることで停止状態を保ち、前方に流れていく文字を読むことができるわけですよね\(^o^)/

 

Re: ↓エスカレーターの上では

 投稿者:野波恒夫  投稿日:2021年 5月21日(金)05時33分27秒
返信・引用
  あのです……手摺は踏み板と同速で動いていますけど……?
手摺の字義通りじゃないですね。「把持帯」というべきですかしらんけど。


>  ええっ!? JRのエスカレーターはそんな風になっているのですか?
>  知りませんでした。
>  しかし・・・
>  そうなりますとエスカレーターの乗客(?)は、それを読むために、上りエスカレーターだったら等速度で降りなければならないわけで(つまり客観座標で静止状態)、それこそ大迷惑じゃありませんか\(^o^)/
>
>

http://haruoni.seesaa.net/

 

Re: ↓エスカレーターの上では

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 5月20日(木)20時06分12秒
返信・引用 編集済
  > No.10898[元記事へ]

 野波さん

 ええっ!? JRのエスカレーターはそんな風になっているのですか?
 知りませんでした。
 しかし・・・
 そうなりますとエスカレーターの乗客(?)は、それを読むために、上りエスカレーターだったら等速度で降りなければならないわけで(つまり客観座標で静止状態)、それこそ大迷惑じゃありませんか\(^o^)/

 

↓エスカレーターの上では

 投稿者:野波恒夫  投稿日:2021年 5月20日(木)19時20分45秒
返信・引用
  立ち止まっていましょう。
JRでは、日英韓中4か国語で手摺ベルトに書いてあります。いや、簡体と繁体で5か国語だっけ?

ちなみに。
くりいむレモン「エスカレーション~今夜はハードコア」

http://haruoni.seesaa.net/

 

Strange Report

 投稿者:管理人  投稿日:2021年 5月20日(木)00時04分0秒
返信・引用 編集済
   たまたま、YouTubeに「探偵ストレンジ」の本国版がアップされているのを知りました。
 これ、放映の時代的に日本語吹き替え版は現存していないんですよね(「なぞの転校生」のように視聴者に録画したビデオの提供を求めるしかないのですが、このドラマに関しては、NHKにそんな気はないのでしょう)。
 セリフは理解できなくても、一見の価値はある。そう思って第一話を視聴しました。
 まあ大体了解できました\(^o^)/
 最初から犯行の首謀者と(視聴者には)当然のごとく見えていた人物が、最後の最後で実はそうではなく、犯人は別にいて、悲劇的な献身的最期を迎えるというどんでん返しに驚かされました(私の推測的視聴が正しければ)。
 この時代、英米のテレビ業界には、優れたシナリオライターがうじゃうじゃいたんでしょうね。
 ところでもう一つ驚いたことがありました。
 ごくはじめの方で、戦時中の場面があり(それがドラマ中の現在の事件の発端なんですが)、男がエスカレータを走って駆け上がっていくのですが、なんと歩かない人々は右側に寄って並んでおり、左側は追い抜き用にあけられているのです。
 そう、まさに大阪のエスカレータの法則と同じ。
 東京は逆ですよね。
 これで大阪のほうが世界標準であることがわかりました\(^o^)/


 

レンタル掲示板
/170