teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:1/1360 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

2021タイトル

 投稿者:8  投稿日:2022年 1月 9日(日)18時26分44秒
  通報 返信・引用
  打者部門

〇首位打者:畠中(初)

 パパになった今年。
 津門での特大サヨナラ弾など、印象的な一打も多かったこの男。
 体型から長打一辺倒と思われながら、センターから右への長打も多く、
 この出席率にして、4割越えのハイアベレージをキープ。
 島田とのデッドヒートを制した。
 また、妻の出産直後にも関わらず、悩める主砲GGの夜間練習に付き合うなど
 兄貴肌、人間性の良さも、熾烈なMVP争いの決め手となったのか。ね、福本君。
 あとは、壊滅的な膝元のボール処理とフライポロリを改善すれば・・・

〇本塁打王:福本(初)

 開幕当初はなかなかエンジンがかからなかったこの男ですが
 後半尻上がりに調子を上げ、最後は畠中、GGとメジャーの
 大谷、ペレス、ゲレーロJr.さながらの大激戦ホームラン王争いを制した。
 ちょけたカラフルバットを早々に見切って、レガシーに手を出したのが良かったか。
 紅白戦でJUMPO、日笠さんというグフ主戦投手から放ったのは見事でした。
 大谷ではなくペレスだったということですね!

 筋トレによるパワーアップは目ざましく、また次々にトレーニング用具、ケア用品を導入し
 まさにイマドキのプレーヤーという感じで、好守に大活躍しましたが
 MVP争いでは畠中に一歩及ばず、「守備は評価されないのか!」とむくれたこの男。

 いやいや、もちろん守備も評価してます。
 ・・・ちゃけなければねぇ~^^;

〇打点王:GG(初)

 以外にも打点王は初戴冠となったGG。
 1打席でも多く打席に立つために、先頭打者が多いにもかかわらず
 打点を稼いだのはお見事。
 あじさいサブでの疑惑のHRがビデオ判定では入っていた、という痛恨の誤審もありましたが
 (ごめんなさい)
 やはり夜中の公園での練習が実を結んだというところでしょう。

 ただし、近々警察に通報される気がしているのは、筆者だけなのでしょうか。


〇最多安打:巽(3年ぶり2度目)

 レガシー効果か、2021年は100安打越えが4人も生まれるという猛打ぶり。
 そんな中でも117安打という異次元のヒット放った巽。
 相手が嫌がる所を攻める悪意の右打ち。
 リーダーの嫌がる所を攻める口撃も見事でした。

 関係ありませんが、巽・まつVSリーダー・JUMPOの紅白戦ドラフト会議、楽しかったなぁ~

〇盗塁王:福本(初)

 来年度はトリプル3を狙うらしいこの男が、元さんの牙城を崩した。
 まぁ元さんも厄年だから・・・痛〇がそろそろ・・・


投手部門

〇最多勝:まつ(2年ぶり8回目)

 昨年、JUMPOに譲った本タイトルを奪還。
 まぁこれはひとえに皆様のおかげなのですが、今年は「インパラ作戦」を確立し
 食い逃げ方式で勝ち星を積み重ねた。
 いつかは年間30勝をやってみたい。

〇最優秀防御率:福本(初)
 最多セーブ:福本(2年連続2回目)

 2021年最初の試合となった紅白戦で、2イニング7失点と大乱調。
 まつの勝ち星を消すばかりか、防御率も大爆発してしまったこの男ですが
 バッティング同様、後半に帳尻を合わせた。
 20セーブ越えはグフ史上初!ピンチは背負うものの何とか抑える劇場型守護神ではあったが
 数字は残すことができた。


こうして見ると、福本君がMVPじゃなかったのは不思議な感じもしますが
2022年、お笑い部門も含めて頑張ってください!

では、また今年も楽しく笑顔のたえないを活動しましょう!
 
 
》記事一覧表示

新着順:1/1360 《前のページ | 次のページ》
/1360